審査の基準

バンクイックの審査は、三菱東京UFJ銀行が行う審査と、保証人や担保が必要ない代わりに保証会社をたてるため、保証会社の審査と二つ受けることになります。

バンクイックが使用する保証会社はアコムで、つまりバンクイック、アコムの両方の審査にパスしなければお金を借りることはできません。

通常の消費者金融よりは審査は厳しいですが、銀行だからといって申し込む前から諦めてしまうのはもったいないです。

バンクイックに限らず、こういった審査とは信頼できる人間なのか、確実に返済する能力があるか、などを審査します。

審査の上で大前提になるのは、嘘をついていないこと、記入ミスがないことです。
これは当たり前ですが年収などの嘘はすぐにバレますし、記入ミスがあって在宅確認や在籍確認などが取れなかった場合は、それだけで審査に落ちてしまうことになるので注意しましょう。

次に、職業や年収も関わってきますが、大切なのはその職業や年収に対しての借入額は妥当かどうか、という点です。
パートやアルバイトで年収が低かったとしても、希望融資金額が5万円程度であれば融資を受けられますし、返済を続けていくうちに限度額は上がっていきます。
逆にいくら年収が高くても年収の3割以上の借り入れがすでにあれば、融資は難しいと言えます。

審査に大切なのは「返済能力」です。
自分の年収に見合った融資金額を提示し、返済計画をしっかり持っていることをアピールしましょう。

このブログ記事について

このページは、pjが2012年11月12日 00:53に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「バンクイックの特徴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。