2013年1月アーカイブ

世界金融危機

現在の世界金融システムは目に見えない部分に多くが支配されている、そのリスクが露骨に表れたのが2008年の世界金融危機でした。
この世界金融危機では、リーマン・ブラザーズなどアメリカの金融企業の成長が大きなリスクの上で成り立っていたことが明確化しています。

そのため、少しでもそのリスクが報道されてしまうと信用は大きく低下、その信用低下が株価の低下を招き一気に短期資金のショートを招きます。
世界金融危機で危機に陥った企業のほとんどがこのパターンで、株主が次々と落ち目の企業を見放していくスピードは本当に早いことがわかったと思います。

規制緩和などを主導してきた政治の動きもあり、金融業者だけを責めるわけにはいかないでしょう。
しかしこの世界金融危機は世界的な金融情勢がひどく不安定で、アメリカや日本という経済大国も決して安全とはいえないことを改めて思い知らせてくれました。

反省すべきは、一般市民であっても同じです。
住宅価格が上昇し続けることを何の疑いもなく信じ、住宅ローンを組んできたサブプライムローン契約者にも問題が全くないとはいえないでしょう。
住宅ローン金融業者、金融業者のハイリスクな経営に異を唱えなかった株主も同じことがいえます。

日本の証券企業が、かつてのバブルの教訓があったためかあまり多くの不良債権を抱え込まずに済んだことは不幸中の幸いかもしれません。
しかし、日本でもマネーゲーム・儲け至上主義が見直される必要性はあるでしょう。

SBIサーチナ株式会社

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。